読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南太平洋の世界

オーストラリアとニュージーランドだけじゃない、南太平洋の魅惑的な世界。

せっかくの人生。オーストラリアでワーキングホリデーをしよう

せっかくの人生!オーストラリアでワーキングホリデーをしよう!

日本で育って外の世界を見ない人生はもったいないと思いませんか? 日本から外国へ行けるチャンスのひとつにワーキングホリデー制度があります。 オーストラリアは温暖な気候と寛大な国で、ワーキングホリデーに人気です! オーストラリアに一度行ってみませんか?

オーストラリアとは?

 

オーストラリア大陸は、南半球・オセアニアに位置するため、日本とは季節が逆に訪れます。面積自体は、日本の約20倍程もあるため、同じオーストラリア内でも、場所によって気候が変わりますが、基本はマイルドな過ごし易い気候が多いです。

 

オーストラリアは海に囲まれているので、海を楽しむ人も多いです!ワーキングホリデー制度を利用して、オーストラリアに行く機会があったら、ぜひ、オーストラリア特有のコアラ・カンガルー、そして海のレジャーも一緒に楽しんでみて下さい。

ワーキングホリデーとは?

 

日本は、オーストラリアと、1980年に、このワーキングホリデー制度を確立しています。
ワーキングホリデーは、二国間の協定に基づいて、外国文化を学びながら休暇を楽しみ、その間の滞在資金を補うために、一定の就労をすることが認める特別な制度です。

 

ワーキングホリデー制度は、ビザの下りた国でアルバイトをする事によって、滞在資金を補うことが許可されているので、ワーキングホリデーは、相手国に旅することに加えて、学ぶ・働く・暮らすといった、海外生活が総合的に体験出来る、とても貴重な制度です。

オーストラリアでワーキングホリデーの情報収集1:年齢制限

 

現時点での、オーストラリアのワーキングホリデービザのルールは、申請時で18~30歳の年齢制限があります。そして、申請には、オーストラリアドル440が手数料としてかかります。申請方法はインターネットから行い、審査・発行に、2日程度しかかからないそうです。基本的に、オーストラリアのワーキングホリデービザは、オーストラリア入国から1年有効です。

オーストラリアでワーキングホリデーの情報収集2:仕事内容

 

オーストラリアはご存知の様に、英語圏です。 英語がちょっと不安という場合は、このワーキングホリデー制度を使って、お仕事を探す前に、オーストラリアの語学学校に通ってみましょう。 語学学校に入れば、英語力をつける事も可能で、それ以外に知り合いが出来るのも大きなメリットになります。

 

なので、到着~3ヶ月目までは、語学習得や情報収集・仲間作りのため語学学校に通い、その後アルバイトやボランティア・スポーツ・旅行などをするというパターンが、ワーキングホリデー制度を使う一般的なスタートの方法です。

 

英語やオーストラリアの生活にも十分慣れた後は、滞在資金を現地で稼ぐために、アルバイトをしましょう。 医者・弁護士などの、特別な資格が必要となる職業以外であれば、基本的にどんな仕事でも、ワーキングホリデー中は出来ます。現地のオンライン掲示板や新聞、日本語新聞などの求人広告などを精力的に探し、現地の人達と一緒に仕事をするという、貴重な体験をぜひ満喫して下さい。

 

ワーキングホリデーで勉強したけど、英語がまだ…と心配な場合は、日本人観光客をお客さんとする旅行会社や土産物屋で働くのも1つの手です。 個人で、オーストラリアの様に外国で仕事探しをするのが自信が無い場合は、職探しの方法や、履歴書の書き方などを教えてくれるセミナーの様なものもある可能性があるので、ぜひインターネットを活用して下さい。

オーストラリアでワーキングホリデーの情報収集3:スペア時間にぜひ!

 

オーストラリアでのワーキングホリデーの間に、時間が出来た時にぜひ訪れてもらいたい場所をご紹介!

 

オーストラリアといえば、みなさんは何を思い浮かべますか?コアラ、カンガルー、エアーズロックグレートバリアリーフ...広大な大地に広がる、とても美しい自然。
世界中でもオーストラリアでしか出会えない動植物もいますので、ワーキングホリデー中にぜひ現地の人達から情報を集めて訪れてみて下さい!

 

オーストラリアは、シドニーメルボルンやパース等を初めとする、魅力的な都市や雄大な大自然が多くあります。 ワーキングホリデー中のスペアタイムに、グレートバリアリーフでスキューバダイビングのライセンスを取る事もオススメです!サーフィンやアートなど、新しい趣味を始めたりと、ワーキングホリデー中のオーストラリアは見所満載です。

ワーキングホリデー中のお勧め1:ケーブルビーチ

 

ワーキングホリデー中の、仕事で疲れたら、ぜひオススメしたいのが、このケーブルビーチ。
オーストラリア・ケーブルビーチでは、らくだに乗りながら純白の砂浜と、インド洋の海の青さを眺めながら進む“ラクダ乗り”が体験できます。 沈む夕日と砂浜・海をらくだの背中から堪能出来るとても貴重な経験が出来るでしょう。

ワーキングホリデー中のお勧め2:グレートオーシャンロード

 

ワーキングホリデー中、せっかくだからオーストラリアで運転しましょう!
ワーキングホリデーで運転出来る機会があったら、ぜひグレートオーシャンロードを走って下さい!
グレート・オーシャン・ロードはオーストラリア南東、ビクトリア州沿岸に走る道路で、世界一番美しい道とも言われ、美しい海と自然いっぱいの森を、眺めながらの爽快なドライブが満喫出来ます。

ワーキングホリデー中のお勧め3:グレートバリアリーフ

 

キューバーダイビングが好きな人は必須! オーストラリア・クイーンズランド州の海岸線に沿って2000km以上に及ぶサンゴ礁の宝庫で、日本列島よりも大きい世界遺産。 ダイバー達に有名です。

いかがでしたか?
素晴らしい体験が出来るワーキングホリデー制度。
申請条件などは、絶えず変化しているので、ワーキングホリデー制度を使いたいと思ったらすぐに、各国の大使館の公式ウェブサイトで、公式な情報と申請方法等を確認して、ぜひ行動を起こしてみて下さい!

f:id:newzearalia:20170110173801j:plain