読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南太平洋の世界

オーストラリアとニュージーランドだけじゃない、南太平洋の魅惑的な世界。

オーストラリアに旅行する時に利用する電気製品の電圧にご注意

オーストラリアに旅行する時に利用する電気製品の電圧にご注意

ご存知のように電圧は国によって100V〜240Vと幅があり、利用できる電気製品にもそれなりの仕様があります。オーストラリアは日本からの観光客が多い人気の国。日本で使い慣れた製品を電圧も考慮しつつオーストラリアでも安心して利用するための方法をご覧ください。

使い慣れている電気製品をオーストラリアでも安心して利用したい。そのためには電圧チェックも大切です。

今さらですが、オーストラリアって広いですね。

オーストラリアは国土の東海岸に人口が集中しています。この国で使用されている電源電圧は240V/250V。プラグ形状はO。周波数は50ヘルツです。オーストラリアは日本(100V)に比べると使用電圧がかなり大きいです。

オーストラリアで使用するプラグとコンセントの形状

オーストラリアで使用するプラグの形状

オーストラリアで使用するのは「Oタイプ」と呼ばれるプラグです。

オーストラリアのホテルや家庭で見られるプラグの差し込み口

日本とは違い、オーストラリアのプラグの差し込み口には特徴がありますね。

日本の電気製品をオーストラリアで利用したい時に必要なのがコレ!

これをオーストラリアに持って行き、日本で使い慣れた電気製品のプラグの先に差し込むと簡単に利用できます。

オーストラリアで電気製品を使用する場合、差し込み口の形状は「Oタイプ」と呼ばれるもの。差し込みプラグには導体となる刃が3つ、または2つあり「ハ」の字形になっています。日本から持って行く電気製品のプラグは「Aタイプ」。ご存知のように導体となる刃は2つ、平行しています。そのままではもちろん利用できません。そこで必要なのが「海外用電源形状変換プラグ」と呼ばれるもの。家電量販店やインターネットでも比較的安価で入手することができます。これを日本の電気製品の差し込みプラグの先に装着すればオーストラリアでも利用可能になります。

熱に変換する電化製品は要注意!電圧の違いは製品に大きなダメージを与えます。

ドライヤー

電気を熱に変換するものは電圧が高く注意が必要です。

オーストラリアのような高電圧地域(220V~250V)のホテルでは、バスルームや洗面所の電源が"シェーバーオンリー"となっている事がほとんどです。この場合出力が20W程度に抑えられています。 ですからドライヤーなどの高容量品は使えません。仮に使えたとしても、高電圧ですから水場ではとても危険です。しかし「電圧手動切替」が採用されている製品もありますのでチェックしてみるのも良いでしょう。時々コンセントを抜いてプラグに付着したホコリなどを取り除くことは大切。なぜならオーストラリアは日本よりも高電圧な為、トラッキング(ホコリと湿気による漏電)も起きやすいからです。 差込口付近の湿気やホコリを放っておくと火災に繋がる恐れも。せっかくのオーストラリア旅行を台無しにしないためにも電圧のことは気にかけたいですね。

「変圧器」オーストラリアでも電圧を気にせず、電気製品を安心して利用するのに役立ちます。

変圧器

重さもあり少々荷物になりますが、日本で使い慣れた電気製品をオーストラリアで安心して利用したいなら持って行くと良いアイテムです。

日本の電圧は100Vですがオーストラリアの電圧は240/250V。そんなオーストラリアの高電圧の環境で電気製品を使う場合は、使用する機器に合わせる「変圧器」が必要です。変圧器には周波数(Hz)を変える機能は付いていません。日本の電気製品のほとんどは50/60Hz仕様となっていますが、海外の電化製品などは、220V/50Hzといった、50Hz のみの仕様であったり、逆に60Hzのみの仕様の製品があります。周波数が違った場合、十分に性能を発揮できないばかりか故障の原因になる場合があります。オーストラリアに行く時にはこの点も忘れずに。

オーストラリアでも安心して利用可能な「電圧手動切り替え」とは!?

電圧手動切り替え

オーストラリアの電圧に合わせて本体の対応電圧を切り替えることができます。

「電圧手動切り替え」とは、マルチボルテージ(全世界、100V~240Vの電圧)に対応したヘアドライヤーなどに採用されている機構です。オーストラリアの電圧に合わせて、本体の対応電圧を切り替えることができます。コインなどで電圧のスイッチの向きを切り替えるタイプのものが主流です。ドライヤーなどの旅行用品に多く採用されています。使用する時には、製品の対応電圧がオーストラリアの電圧と一致していることを確認しましょう。

いかがでしたか?日本で使い慣れている電気製品をオーストラリアでも故障を気にせず使用するために電圧を気にする必要があります。でもそんなに恐がることはありません。日本にいる時よりも電圧のことをほんの少し気にかけていれば安心して利用できます。家電製品をオーストラリアでも安全に、安心して利用するためにお役立てください。

f:id:newzearalia:20170110172936j:plain