読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南太平洋の世界

オーストラリアとニュージーランドだけじゃない、南太平洋の魅惑的な世界。

ニュージーランドの自然いっぱいで、美しい街をご紹介

ニュージーランドの自然いっぱいで、美しい街をご紹介!!!

日本とほぼ同じ大きさであるニュージーランド。のんびり、ゆったりとした自然豊かな美しいニュージーランドの街並みが広がっています。国立公園がたくさんあったりと、見所がたくさんあるニュージーランドですが、今回はオークランドの街の魅力を紹介していきます。

ニュージーランド

 

ニュージーランドは北島、南島の2つの主要な島と周辺の小さな島々で構成される島国です。
ニュージランドの面積は、日本とほぼ同じで、約27万534平方キロメートルです。
ニュージーランドの首都は、ウェリントンです。ニュージーランドの人口のうちの約20万人が住んでいます。
ニュージーランドの人口は約460万人と、世界で最も人口密度の低い国のひとつです。
ニュージーランドの気候は日本と逆で、暖かいのは12~2月、寒いのは6~8月頃です。日本と同じで四季があり、一年を通じて楽しめます。

オークランドの街

 

シティ・オブ・セイルズ(帆の町)という愛称を持っているオークランドの街。
北はワイテマタ・ハーバー、南はマヌカウ・ハーバーに面した港町です。
この街は、世界的なヨットレース、アメリカズ・カップの開催都市でもあります。
ポンソンビーやパーネルなどのおしゃれなエリアや、ビーチ沿いにカフェが並ぶミッション・ベイ、フェリーで渡るデボンポートなどなど、見どころはたくさん!!

ニュージーランドオークランド中心の街

オークランド・アートギャラリー

 

マオリのアートから、ヨーロッパ絵画、現代アートにおよぶ豊富なコレクションが展示されています。
小ホールでは、ジャズコンサートなどの催しもあります。

オークランド博物館

 

マオリや南太平洋諸島の歴史コレクションに展示や、ニュージーランドの自然に関する展示、
第1次・第2次世界大戦に関するギャラリーなど、展示内容は様々です。
日本の戦闘機も展示されています。

ウィンター・ガーデン

 

ニュージーランド市民の憩いの場として親しまれている植物園です。
敷地内にあるふたつの温室には、色とりどりの花々が1年を通じて咲き誇っています。
ニュージーランドの森林を、そのまま再現したようなシダが生い茂るエリアは必見です!
ニュージーランドのシンボルマークである葉裏が白いシダもあります。

スカイ・タワー

 

地上328メートルの南半球で一番高いタワーで、オークランドのシンボルとなっています。
展望台からは、オークランドの街を一望できます。
ガラスの床を通して地上が見下ろせるので、スリリングですね!
さらにスカイデッキからは、一面の広いガラスを通してオークランドの街の大パノラマが広がります。
タワー内には、街の景色を眺めながら食事ができるレストランやカフェ、バーなどの飲食店も充実していますよ。

立海洋博物館

 

ヴァイアダクト・ハーバー近くの港に面して建つ博物館です。
展示内容は、ポリネシアの人々が用いたカヌーやヨーロッパ人の大航海時代ニュージーランドへの移民船、豪華客船、さらに現代のマリンレジャーのヨットなどです。
毎週水~土曜には、歴史的な船に実際に乗ることができます。

アオテア・センター

 

館内にはASBシアターとヘラルド・シアターのふたつのホールがあります。
オペラやバレエ、コンサート、ミュージカルなどの公演が催されています。
無料で見られるアートイベントも随時開催されていますよ。

オークランドドメイン

 

オークランド中心部の街を見下ろす小高い丘に広がる、巨大な公園です。
ラグビーグラウンドやアヒルの池などがあり、市民の憩いの場として人気の場所です。
園内には、ニュージーランド原産のポフツカワがたくさん植えられています。

ハーバー・ブリッジ

 

この橋は1959年に完成しました。全長1020メートル、高さ43メートルの橋です。
橋の全景を見るなら、マウント・イーデンなどの高台や、ハーバークルーズ、デボンポートへ向かうフェリーから眺めるのがおすすめです。
ハーバー・ブリッジにはブリッジ・クライムやバンジージャンプなどのアクティビティがあるので、ぜひ挑戦してみてはいかがですか。

ビクトリア・パーク・マーケット

 

かつては清掃工場だった建物に、ニュージーランド国内のアート作品や工芸品などの店が軒を連ねているところです。
テイクアウトの店も多数あり、食事もできます。
週末にはフリーマーケットや生演奏も開催されていて、とても活気があります。

パーネル

 

オークランドの中心部にあるパーネル・ロード。
ヨーロッパの一画を思わせるオークランドで最も古い住宅地で、19世紀後半に建てられたビクトリア様式の建築物が保存されています。
中でも目を引くのがパーネル・ビレッジ。白壁がまぶしい建物にブティックが集まったショッピングコンプレックスで、ファッショナブルなアイテムが多く揃っています。
そのほか、ライトアップが美しいホーリー・トリニティ教会や、パーネル・ローズ・ガーデンなど、周辺の見どころも見逃せません!

ニューマーケット

 

パーネル・ロードから続く大通り、ブロードウエイを中心とした商業地域です。
このエリアには約500軒もの店舗が密集しています。
外観がユニークでおしゃれなお店が多いので、ウインドーショッピングするだけでも楽しですね。
周辺には日本料理や中国料理などのレストランも多いので、ショッピングと後はおいしい食事をどうぞ。

ニュージーランドオークランド郊外の街

マウント・イーデン

 

オークランド市街地に残る50あまりの死火山のひとつで、噴火口跡にできた小高い丘です。
頂上からはオークランド市街と海が見渡せる絶好のビューポイントです。

ワン・トゥリー・ヒル

 

マウント・イーデンと同じ死火山で、標高は183メートル。
頂上にはオークランド市の創始者であるローガン・キャンベル卿が、先住民マオリへ敬意を表して建てた塔があり、町を象徴するシンボルとして知られています。
周囲に遮るものがなく、オークランド郊外を一望する景色は感動ものです!
敷地内にはかわいいヒツジが放牧されています。

自然豊かな街、ニュージーランド

 

ワン・トゥリー・ヒルの南側斜面にある天体望遠鏡を備えた天文台です。
360度のパノラマで3500個の輝く星を観測することができます。

オークランド動物園

 

ニュージーランド国内最大級の動物園で、150種、約1000匹の動物を飼育しています。
広い園内は動物の種類によって区分けされ、大人でも充分に楽しめる内容です。
おなじみの動物以外にも、ニュージーランドの国鳥であるキーウィ、“恐竜の生き残り”といわれているトゥアタラなど、ニュージーランド特有の動物の生態を観察することができます。

レインボーズ・エンド

 

ニュージーランド国内唯一のアミューズメントパークです。
約20種類のアトラクションを備えていて、ニュージーランド市民の大人気スポットです。
人気のアトラクションは、フィアーフォールや、コークスクリュー・コースター、丸太コースター、ゴールドラッシュ、バイキング船などがあります。
また、ドーム型の180度スクリーンシアター、モーション・マスターでは、スクリーンの映像と座席が連動して動き、迫力満点ですね!!

ミッション・ベイ

 

オークランドの市街中心部から東へ約6キロメートル行った所にあります。
海水浴ができるビーチもあり、沖にはランギトト島の姿が望めます。
夏になるマリンスポーツの楽園となり、たくさんの人々で賑わいます。
おしゃれなレストランやカフェが多いので、気持ちいい潮風を浴びながら食事やお出かけはいかがですか。

オークランド周辺の島々

ランギトト島

 

約600年前の噴火によって現れた火山島です。
オークランド市街から遠くコロマンデル半島まで、360度を見渡す大パノラマを楽しむことができます。

ティリティリマタンギ島

 

絶滅の危機に瀕する鳥たちが数多く暮らすバード・サンクチュアリです。
一般にも広く開放されている自然保護区として、ニュージーランド国内でも稀少な存在になっています。
タカヘやプケコなどの飛べない鳥や、カカリキ、コカコ、サドルバック、スティッチバードといったニュージーランド固有の稀少種、そしてファンテイルやノースアイランド・ロビンなど、様々な鳥が生息しています。
なかにはリトル・スポッテッド・キーウィやパテケなど、保護・繁殖を目的に別の場所からこの島へと移された絶滅危惧種の鳥もいます。

ワイへキ島

 

この島は、人口わず8000人あまりの自然に恵まれた島です。
居心地のいいビーチでのんびりしたり、海水浴や、ピクニック、島内巡りなど楽しいアクティビティがたくさん!
フェリーやバスを使ってワイナリーを巡ったり、トレッキング、シーカヤックなど体験してみてはいかがですか。

自然豊かな街、ニュージーランド

いかがでしたか?ニュージーランドに行ってみたくなりましたか?
ニュージーランドって本当に自然が美しい街ですね。 国を挙げて自然環境保護に取り掛かっているからこそ、これだけの素晴らしい自然や街が維持できているのでしょうね。
今回は、オークランドという街だけの紹介でしたが、他にも、ロトルアの街や、ウェリントンの街、クライストチャーチの街、クィーンズタウンの街、ダニーデンの街、ワナカの街、マウントクックの街、テカポの街、テアナウの街、などなどたくさんあります。 ニュージーランドに行って癒されてみてはいかがでしょうか。

f:id:newzearalia:20170110174126j:plain